ドッグフードは天然素材で無添加の商品を選びましょう。

MENU

ドッグフードは天然素材で無添加の商品を選びましょう。

ドッグフードは天然素材で無添加の商品を選びましょう。

ペットショップで購入した犬を家に迎え入れる場合、犬の飼育が初めてである場合は、一緒にドッグフードを購入してきてそれを与えることが多いと思われます。よく知られたメーカーで、なおかつ実績がある商品であれば、問題はほぼ無いと言えるでしょう。

 

本来はブリーダーが犬舎でどのようなフードを与えていたかを知り、それを継承するのが一番良いことなのですが、ペットショップにおいてお客さんに引き渡される直前まで食べていたフードを選ぶというのは、少なくとも次善の策ではあります。ところでホームセンターでは、ペットショップで販売されているのと同じ商品の、大容量版が格安で販売されていることがあります。

 

経済性が良いのでついつい購入してしまいがちですが、その場合、原産国・賞味期限などの表示があるかどうかを確認する必要があります。

 

さらに良いのは、それまで与えていたフードのパッケージの原料表示を控えておいて、それと全く同じかどうかチェックするくらいの慎重さが必要です。同じ商品の容量の違いというだけで、メーカーは生産拠点を変えている場合が多いのです。

 

小容量タイプは国内で、大容量タイプは海外で、という具合です。そのため流通の都合で、大容量タイプは鮮度の点で問題がある場合があります。並行輸入品ですとユーザーの手元につくまでにフードが酸化してしまい、匂いや味、見た目までもが変質してしまって、犬の食いつきは極端に悪くなります。それを無理に与え続けた場合、愛犬の健康状態に問題を起こすこともあるでしょう。

 

こうした問題を理解すれば、ドッグフードといえどもそれがどのような原料で、いつ・どこで生産されたものか、にも注意を払うようになるはずです。それでは鮮度が同じであるとして、原料が異なる場合はどのように注意を払う必要があるでしょうか。それは無添加であるかどうかです。

 

無添加とは、本来の栄養素ではなく、そのフードが腐敗しないように、あるいは見た目がきれいになるように添加されている混ぜ物がない、という意味です。では反対に、どのような添加物が問題となるでしょうか。

 

第一に酸化防止剤です。酸化防止剤にはエトキシキン・BHA・BHTなどがあります。エトキシキンは強力な防腐効果があり、しかも安価ですので添加物としてはよく使われます。ただし犬にとってはアレルギーを引き起こす恐れがあります。

 

BHAはガソリン・バター・マーガリン・冷凍魚介類の防酸化剤として用いられますが、生体にはガンを引き起こす危険性があると指摘されています。BHTは石油の防酸化剤として用いられ、その後食品に転用されるようになりましたが、BHA同様に発ガン性の指摘がなされています。

 

第二に着色料です。赤色3号・赤色40号・赤色102号・赤色105号・青色2号などが用いられる可能性があります。着色料は人の目にどのように映るかという意味しかありませんので、全く無意味なものである上、赤血球の減少・甲状腺腺腫の増加・発ガン性・アレルギー・染色体異常の危険性・けいれんなどを引き起こす場合があります。

 

第三に甘味料です。犬は本来食欲おう盛な生き物ですが、食べ慣れていないものを出されると食べることを拒否する行動を示すことがあります。こうした問題を避けるため、食いつきが良くなるように甘味料を転化することがあります。ハチミツなどの天然由来成分であれば問題はないのですが、合成甘味料を転化していることがありますので、注意が必要です。

 

具体的にはソルビトール・キシリトール・グリシリジン・アンモニエート・ビートパルプ・コーンシロップなどです。ソルビトールは大量摂取した場合死亡事故が起こることさえ知られています。キシリトールは人の歯の健康に重要と考えられますが、犬に与えると血糖値低下・嘔吐・歩行困難・腎不全を引き起こすことがあります。

 

グリシリジン・アンモニエートは安全性が確認されていないため、人が摂取してはいけないものとされる成分です。ビートパルプはフードのかさましに用いられますが、便秘を引き起こすことがあります。コーンシロップは犬の膵臓や副腎に悪影響を与え糖尿病を引き起こす恐れがあります。

 

その他にも亜硝酸ナトリウム(発色剤)・プロピレングリコール(保湿剤)・ソルビン酸カリウム(合成保存料)などが用いられる可能性があります。これらの添加物も人の健康状態を損なわないように使用料が制限されている物質ですので、犬に用いても当然問題がある物質であると言えます。

 

ドッグフードは犬に手軽に与えられる食事として非常に重宝しますが、流通の過程や見た目のイメージを良くするために、上記の物質が添加されていることがあり得ます。購入に際しては原料表示を注意深く確認し、危険な成分が含まれていないかどうかをチェックしなければなりません。

 

そしてその判断ができるのは、飼い主だけなのです。消費者として賢い判断をするというだけではなく、コンパニオンアニマルとしての家族の健康問題であるという認識を持って選択すべきです。

関連ページ

犬のアレルギーはペットフードから気をつける
アレルギーは人間だけでなく、犬やペットにとっても非常に苦しいものですよね。ここでは、犬がアレルギーを発症して苦しまないために、ペットフードを選ぶ際に気をつけたいポイントについてわかりやすく解説していきます。