ダイエットを要する愛犬に与えるドッグフード。

MENU

ダイエットを要する愛犬に与えるドッグフード。

ダイエットを要する愛犬に与えるドッグフード。

人同様に、犬にも肥満があります。そして肥満体質になってしまった犬の状態を改善するのは、やはり人同様に難しいものです。しかし自らの意思でダイエットをすることが不可能な犬にとっては、飼い主がその状態をきちんと把握して食事や運動の管理を行なわなければなりません。

 

またこの問題は取り組みを始めてすぐに結果が現れる性質の問題ではありませんので、正しい方法を知り、それを継続していくことが重要になります。

 

まず犬が太っているかどうかは、なかなか見分けがつきにくいものです。犬種によっても大きく変わってきます。また純血種の場合はスタンダードが規定する理想体重というものがありますが、家庭犬の場合はショードッグより体格が大きく育っていることが多いため、スタンダードが規定する体重を当てはめると痩せ過ぎになってしまうことがあるものです。

 

そこでできるだけ客観的な指標を用いるとしたら、環境省発行の「飼い主のためのペットフード・ガイドライン」を参考にするのが良いでしょう。ここにはボディ・コンディション・スコア(BCS)という指標で適性体系を示しています。

 

BCS1なら「痩せ」、同2なら「やや痩せ」、同3なら「理想的」、同4なら「やや肥満」、同5なら「肥満」と判定されます。ここでは3・4・5がどのように記述されているかを確認してみましょう。

 

BCS3=理想的:「過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる。上から見て肋骨の後ろに腰のくびれが見られる。横から見て腹部の釣り上がりが見られる。」

 

BCS4=やや肥満:「脂肪の沈着はやや多いが、肋骨は触れる。上から見て腰のくびれは見られるが、顕著ではない。腹部のつり上がりはやや見られる。」

 

BCS5=肥満:「厚い脂肪におおわれて肋骨が容易に触れない。腰椎や尾根部にも脂肪が沈着。腰のくびれはないか、ほとんど見られない。腹部のつり上がりはないか、むしろ垂れ下がっている。」

 

BCS4または5に相当する場合は、ダイエットを始める必要性があります。

 

人同様に、犬のダイエットにおいても運動と食事が大切です。BCS4の場合は体重の10〜15%を、BCS5なら体重の20〜30%を目標に、時間をかけながら減らしていくのが大切です。この見極めに自信がないようでしたら、獣医師を訪ねて適性体重からどれだけ乖離しているかの意見を聞いてみるのも良いでしょう。その場合は具体的なアドバイスも得られるはずです。

 

まず運動を考えてみましょう。運動をする習慣のない犬であれば、まずは外に連れ出してボール遊びなどをしてみます。それから散歩を取り入れて、距離を少しずつ長くしていきます。運動の習慣がないと嫌がることと思われますが、このあたりはきちんと仕付けて短距離の散歩からはじめます。また朝食事を与える前の血糖値の低い状態で運動に連れ出すのが減量効果を上げるコツです。

 

そして食事にも注意します。多くの家庭ではドッグフードを与えているはずですが、その内容と量とを再検討しなければなりません。まず最初に、現在与えている食事の1日の総量を変えずに、回数を増やして分割していきます。タンパク質や炭水化物は、摂取できる量の上限が低く、その量を超えてしまえば体内で脂肪になってしまいます。

 

そのため食事回数を増やして1回当りの分量を減らせば、タンパク質はタンパク質のままで、炭水化物は炭水化物のままで栄養素として取り込まれることになります。そして1回あたりの食事の分量も、ごくわずかずつ減らしていくようにします。またこれまでドッグフードを与えていなかったのであれば、食事内容をそのままにして量を減らし、茹でたニンジンやキャベツなどでかさましして与えるという方法もあります。

 

次いで食事の内容も再検討します。獣医さんにはドッグフードの販売を行なっているところもあります。そこで減量用のフードを探してみましょう。「ライト」「体重管理用」「減量用」などの表記があるはずです。こうしたフードを選べば、低糖質・低カロリー・食物繊維配合・カルニチンL配合など、減量にふさわしい内容になっています。

 

なお、オヤツを与える習慣がある場合は、できればそれを止めることです。そのかわりオヤツを与えるのと同じタイミングで、犬と遊んであげるという方法に切り替えていきましょう。

 

最後に、犬を飼うことに関してベテランの人は大丈夫だと思われますが、そうでない人は、太っているからといって無闇に犬に運動をさせたり食事制限を厳しく行ないすぎたりして、犬の健康状態を損ねてしまうという問題を起こしてしまいかねません。またストレスを与えてしまう結果になることもあります。

 

その場合は上手く躾けられていたのに逸脱を起こしてしまう、無駄吠えをしてしまうなどの問題行動を起こします。そのため減量のための運動や食事制限も、ペースはゆっくりと少しずつ行なうようにしましょう。心配であれば、獣医師のもとを訪ね、標準的な体重をどの程度超えているのか、どのような改善方法が有効かを指導してもらうという方法もあります。

関連ページ

穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由
ドッグフードの素材は商品によっていろいろ違いがあり、品質も様々であるため、だべるペットフードによっては、ペットの健康に大きな影響をもたらします。ここでは、穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由がどのようなものなのか、わかりやすく解説していきます。
獣医が推奨するドッグフードを利用するメリット
ドッグフードはいろいろな商品があり、使用される素材や製造法もさまざまあるため、ドッグフード選びによっては、ペットの健康を左右しかねない重要なものです。ここでは、ペットの健康の専門家とも言える獣医さんがおすすめするこだわりのペットフードのメリットや魅力についてわかりやすく解説していきます。
老犬にもおすすめの低炭水化物のドッグフード
老犬にもなってくると、健康を害しがちですし、食べるペットフードなどもよく考えて選んだほうが寿命も長引かせて、長く一緒にいられるためには良いことですよね。ここでは、老犬にもおすすめの低炭水化物のドッグフードの特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。
口コミで評価が高いドッグフードを選びましょう。
もう家族の一員!と言っていいくらい、家族には無くてはならない存在、それが愛犬では無いでしょうか?ここでは、そんな家族にとって無くてはならない愛犬に食べさせるのであれば、口コミで評価が高いドッグフードを選ぶほうがいいですが、そのあたりの理由などをわかりやすく解説していきます。