穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由

MENU

穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由

穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由

よくペットショップや通販サイトで「グレインフリー」や「穀物不使用」と銘打ったドッグフードを見たことはありませんか?これらは普通の製品とどう違って、どんなメリットがあるのかということは、意外に知らない方が多いです。

 

よく「身体に良い」「愛犬の健康に良い」と記載されているので、何となく購入している方も多いかと思います。ここでは、なぜ穀物を使っていない製品が良いのか、どういう点がワンちゃんのためになるのかを解説していきます。

 

そもそも「グレインフリー」とはどういうものを指すのでしょうか。これは小麦やトウモロコシ・お米など穀物全般を使用していない製品、という意味合いになります。ちなみによく似たカテゴリに並んでいる「グルテンフリー」との違いは、グレインフリーは「穀物類不使用」、グルテンフリーは「穀物から生成されるタンパク質不使用」という製品となり、どちらも穀物が入っていないためほとんど違いはないと思ってもらって構いません。

 

ここまで取り上げてきた「穀物」ですが、よく考えると特に有毒物質でもないし、人間でも食べられるから別に害はないのでは、とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、穀物を摂取しすぎると犬は「太る」「アレルギーを発症しやすくなる」「消化不良を起こす」といったトラブルを抱えてしまうわけです。一つ目の太る点に関して言えば、人間でも同じことが言えますね。

 

パンやパスタ、ごはんやうどんなど炭水化物は太るもととされ、「炭水化物ダイエット」なるダイエット法が存在するぐらいです。犬も例外ではありません。穀物(グルテン)を摂取することにより、体内で消化されて糖質に変化し、エネルギーとして使用されるのですが、言わば「脂肪をエネルギーとしてためこむ機能」を備えているため、血糖値が上がり太りやすい体質を作り上げてしまうのです。

 

次に、タンパク質の中でも穀物に含まれるタンパク質はたちが悪く、「アレルギーになりやすいタンパク質」であることが分かっています。私たち人間の中でも、そばアレルギー・小麦アレルギーは非常に強力で、アレルギー体質の方がうっかり摂取すると命に関わるぐらい危険な代物。もちろん、犬にもその影響力は強く、ある日突然アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

 

特にダックスフントやチワワ、フレンチブルドッグといった犬種が弱く、特別に注意してあげるようにしてやらなければなりません。フードを食べていて突然嘔吐したり、下痢をした場合や、湿疹や皮膚病といった人間のアレルギー症状に近いものが出るとその疑いがあります。そのフードを使うのをやめて、一度病院でアレルギー検査を行ってもらうことをおすすめします。

 

そして、犬は人間と違い、穀物を消化しにくい構造であるという点も挙げられます。私たち人間は唾液中に「アミラーゼ」という消化酵素を持っており、穀物を口内である程度分解してから消化することができ、非常に効率が良いです。

 

しかし、犬は唾液の中にこの「アミラーゼ」をあまり持っておらず、体内に入ってから膵臓が分泌するアミラーゼに頼るしかありません。ほぼ消化されない状態で十二指腸まで到達するため、途中の胃や腸への負担が大きくなってしまいます。そもそも、犬は人間と比べて消化器官の効率も良くないため、消化器官のサポートを得られない穀物は、犬にとってみれば弱点とも言うべき存在になります。

 

これらの理由を加味して、愛犬には穀物を使用していないグレインフリーフードを与える必要があるというわけです。メリットとして、当然ですがアレルギー体質になる確率が非常に低いです。

 

犬がアレルギーを発症する確率の最も高い食品・成分が含まれていないため、当たり前ですね。ただし、この他の食物でもアレルギーが発症しないとも限りません。そのため、動物病院に行って一度アレルギー検査を受けて、反応の高い食品・成分が入っていないドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

また、消化の効率がよくなることで、元気になったり毛並みの艶がよくなったり、便の状態が良くなったりと、体質の改善が望めるのでおすすめです。ただ、唯一の難点として、通常のフードより割高という点にあります。

 

通常のホームセンターやスーパーで販売されているリーズナブルな製品は、確かに安いですが犬の健康のことを考慮しておらず、量が多いだけで穀物が使用されています。しかも、分量を増やすためにあえて穀物を多めに入れているぐらいです。そのため、少しコストがかさみますが愛犬のためにも必ず穀物が使われていないフードを買ってあげましょう。

 

通販などでまとめ買いによる割引があったり、通常のペットショップやホームセンターでも割引セールが行われるタイミングが必ずあるので、そういったチャンスを逃さないようにしましょう。愛犬の体調管理を食事から見てあげることで、ずっと長く健康に一緒に過ごすことができます。ぜひ愛犬のために導入してあげましょう。

関連ページ

獣医が推奨するドッグフードを利用するメリット
ドッグフードはいろいろな商品があり、使用される素材や製造法もさまざまあるため、ドッグフード選びによっては、ペットの健康を左右しかねない重要なものです。ここでは、ペットの健康の専門家とも言える獣医さんがおすすめするこだわりのペットフードのメリットや魅力についてわかりやすく解説していきます。
老犬にもおすすめの低炭水化物のドッグフード
老犬にもなってくると、健康を害しがちですし、食べるペットフードなどもよく考えて選んだほうが寿命も長引かせて、長く一緒にいられるためには良いことですよね。ここでは、老犬にもおすすめの低炭水化物のドッグフードの特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。
ダイエットを要する愛犬に与えるドッグフード。
愛犬を、可愛さだったり、愛情によってついついドッグフードを与えすぎるなど、太らせてしまうようなケースも多いのでは無いでしょうか?ここでは、ダイエットを要するほど太ってしまった愛犬に与えるべきドッグフードについてわかりやすく解説していきます。
口コミで評価が高いドッグフードを選びましょう。
もう家族の一員!と言っていいくらい、家族には無くてはならない存在、それが愛犬では無いでしょうか?ここでは、そんな家族にとって無くてはならない愛犬に食べさせるのであれば、口コミで評価が高いドッグフードを選ぶほうがいいですが、そのあたりの理由などをわかりやすく解説していきます。