獣医が推奨するドッグフードを利用するメリット

MENU

獣医が推奨するドッグフードを利用するメリット

獣医が推奨するドッグフードを利用するメリット

愛犬家の多くは犬にドッグフードを与えていることが多いものです。かつては家族の残りご飯をそのまま食べさせていましたが、人が食べるものには塩分や糖分などの問題で、犬が必要とする栄養分を満たしているとは言い難い食事内容であったこともあるでしょう。

 

犬が家屋の外に繋がれる単なる番犬からコンパニオンアニマルとして位置づけが変わってきたころから、ドッグフードの消費が拡大するようになりました。当初は保存性などを加味して様々な添加物が使用されていましたが、犬の健康問題に消費者の関心が高まることによって、様々な要望に応えるため、高付加価値を持った商品開発が繰り返されるようになりました。

 

そのため今日流通している商品であれば、特別に粗悪品である、というような商品はもう存在しないと考えてよいと思われます。

 

しかしあまりに沢山の商品が存在するので、愛犬家としてもその中から少しでも犬に良いものを、あるいは経済性の良いものをと考えると、どれを選べば良いか困惑するのも確かです。一番のおすすめは、犬を迎え入れる前にその犬が食べていたフードを教えてもらい、それを引き続き食べさせることです。

 

例えばブリーダーから購入した犬であれば、その犬舎では子犬から若い成犬さらには年齢を重ねた老犬まで、経験的にどのようなフードを与えれば良いかを熟知しています。そのためどういう商品をどのくらいの分量で与えれば良いか、という情報がブリーダーから得られるはずです。

 

その点、ペットショップで購入する場合は、商品の選択がペットショップの経営の観点から選択されていますので、必ずしもその犬にとって最良であるとはいえない商品を食べさせている可能性もあります。それではブリーダーから直接購入する以外のケースで、どのようなフードを与えれば良いのかを、考えてみます。

 

まず最初に、ペットショップの大規模店で商品を見てみましょう。そこには様々な商品が陳列されているはずです。小犬用・成犬用・シニア用など、あるいはダイエット食や病中病後のフードまでも、各メーカーが製造販売していることが分かります。タンパク質についても、ビーフ・ラム・チキンなど、どのような肉が採用されているかも異なります。

 

また粒の大きさも様々ですので、小犬用に極少の粒のフードを選ぶこともできます。これらの中から選択する場合は、飼育する犬の年齢などを考慮して、売れ筋の商品を、製造年月日などを参考にしながら選べばさほど問題はないはずです。店員のおすすめを聞いてみても、結局は同じような製品であることが多いものです。

 

では犬を初めて飼うなど、経験値の少ない愛犬家はどうするのが良いでしょうか。その場合は獣医の意見を聴くのが良いでしょう。地元で評判の獣医を訪ねて、まず犬の健康状態をチェックしてもらいます。その上で年齢を考慮してどのようなエサをどの程度、一日何回に分けて与えるかなど、細かいアドバイスを受けることができます。

 

多くの場合ペットフード会社の新製品についてモニタリングをしていることもあるので、最新の情報を知っている可能性もあります。そして一番大切なのは、犬の健康状態に応じてどのようなエサを与えるのが良いか、客観的に最も正しい意見を聞くことができるということでしょう。獣医推奨のフードであれば、安心して購入し犬に与えることができます。
そしてこの選択がベストであるとした上で、愛犬家はどのような工夫をさらに行なえば良いでしょうか。

 

まず第一に、犬が喜んで食べるかどうかは重要です。フードを切り替えた直後では、犬の食いつきが悪い場合もあります。しかし何らかの理由でフードを変更したのであれば、その新しいフードをしっかりと食べさせなくてはなりません。どうしても食べない場合は取り上げて、エサを与えないようにします。そして次にエサを与える時間にそのエサを与えてみます。この段階では犬もかなり空腹を覚えているはずですので、素直に食べるようになります。

 

第二に、エサを与えるタイミングも考慮しましょう。できれば散歩などの引き綱運動をさせた後に与えるのが良いです。

 

食欲旺盛な犬の場合は、必要以上に食べてしまうということが考えられますので、空腹時にある程度の運動をさせてから与えれば、ちょうど人がダイエットのための有酸素運動を行なうのと同じ理由で犬の健康状態にプラスに作用します。

 

第三に、ドッグフードだけを与えるのではなく、ゆでた野菜などを加えて与えるのが良好です。このようにすればより多く食べたがる犬に対しても過剰なカロリーを与えずにすむようになります。

 

さて最後に。医師が推奨する商品をペットショップで購入した後、ホームセンターなどでその大容量品を見つけた場合、その購入には一定の慎重さを要します。原産国表示があるか、賞味期限があるか、などをチェックします。同じ商品でもペットショップに並ぶ小さなパッケージ版は国内で、ホームセンターで販売する大容量版は海外で、と生産拠点を変えている場合があります。

 

これでは厳密に同じものであるかどうかが分かりません。また流通の過程でフードが酸化してしまうという問題もあります。酸化がすすむと目視で分かるほどの劣化が起こっていますので、特に並行輸入品には注意し、ただ安価だからと大容量版を安易に手にするのを控えるのが良い場合があります。

関連ページ

穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由
ドッグフードの素材は商品によっていろいろ違いがあり、品質も様々であるため、だべるペットフードによっては、ペットの健康に大きな影響をもたらします。ここでは、穀物不使用のドッグフードをおすすめする理由がどのようなものなのか、わかりやすく解説していきます。
老犬にもおすすめの低炭水化物のドッグフード
老犬にもなってくると、健康を害しがちですし、食べるペットフードなどもよく考えて選んだほうが寿命も長引かせて、長く一緒にいられるためには良いことですよね。ここでは、老犬にもおすすめの低炭水化物のドッグフードの特徴やメリットについてわかりやすく解説していきます。
ダイエットを要する愛犬に与えるドッグフード。
愛犬を、可愛さだったり、愛情によってついついドッグフードを与えすぎるなど、太らせてしまうようなケースも多いのでは無いでしょうか?ここでは、ダイエットを要するほど太ってしまった愛犬に与えるべきドッグフードについてわかりやすく解説していきます。
口コミで評価が高いドッグフードを選びましょう。
もう家族の一員!と言っていいくらい、家族には無くてはならない存在、それが愛犬では無いでしょうか?ここでは、そんな家族にとって無くてはならない愛犬に食べさせるのであれば、口コミで評価が高いドッグフードを選ぶほうがいいですが、そのあたりの理由などをわかりやすく解説していきます。